国際予防医學推進協会
共に創り出す、笑顔あふれる未来

国際予防医學推進協会 (IHP) について

一般社団法人 国際予防医學推進協会  略名:『IHP』
(International society of Health promotion and Preventive medicine)

人と社会と自然が調和した未来の創造

医療技術の進歩や遺伝子解析によってどんな病気にかかりやすいか事前に把握できるようになってきました。
また、年々益々医療費は増加し続けています。
このような流れにより、今後予防医療がとても重要な役割を担っていくでしょう。
その中で私達は「どう生きたいか」という個人個人の生き方をサポートできるような予防医療を提案していきます。

Vision ビジョン

本来の自分の力を発揮して生きる人を創出し、人と社会と自然が調和した未来を創造します。
・健康を切り口(軸)に、次世代へ自然あふれる未来(健康な地球)を継承する。
・人にも自然にも優しく生きる人を創出する

Mission ミッション

  • 1. 心と身体の両面からサポートできる人材を育成します。
  • 2. 心と身体の健康を保てるよう、予防医学の知識を広めます。
  • 3. 健康文化を広めます。
  • 4. 自然体で過ごし癒される「場」を創造します。

Activity content 活動内容

1.予防医療を担う人材の育成・プリベンティブメディスン

真の予防医学とは何なのか、真の健康とは何なのかを学び、 心と身体の両面から人のサポートをできる人を育成します。

  • 認定資格「ヘルスアンバサダー」の発行
  • 「ヘルスアンバサダー養成講座」の企画・運営
  • 医療機関向け人材教育サービス

2.予防医療の知識の普及・ヘルスプロモーション

  • 法人・団体向け健康文化育成サービス
  • 予防医学の知識を広める講座・セミナーの開催
  • 海外研修ツアーの企画・実施

3.健康社会の創造による地域的/国際的貢献・ヘルスグローバリゼーション

  • 健康のために必要な物品の開発・販売
  • 世界七カ国に「健康大使館」の建設・運営
  • 地域に根付いた健康社会の創造
  • 国際的人材ネットワークの形成と支援
  • 環境保護のための活動

Representative Director message 代表メッセージ

「ゆりかごを揺らす手が 世界を動かす」

女性として、妻として、母として、そして社会の一員として、女性が担っている役割はたくさんあります。
私は「多くの女性が健康を保つ術を知っていれば、健康的な世の中を創造できる」そう信じています。
娘が生まれてから「次世代に素晴らしい未来を手渡したい。」そう強くおもうようになりました。
私が女性として経験してきたこと、医療現場を通じて経験させてもらった智慧が愛と共に、たくさんの人に届きますように・・。

Representative Director Career 経歴

  • 1978年香川県生まれ。広島大学歯学部卒。
  • 一般歯科、小児歯科、審美歯科、噛み合わせ治療など臨床現場で経験を積みながら、統合医療・心理学・潜在意識・東洋哲学・食事療法・分子栄養学・リンパセラピーなどを学ぶ。
  • 2010年、長女の出産を機に次世代の母親を育成する活動を開始。現在までに150回以上のセミナーワークショップ・フィールドキャンパス等の企画運営を行う。
  • 2011年より日本免疫治療研究会会長 ミトコンドリア博士・西原克成先生の西原研究所でミトコンドリア免疫療法を学ぶ。
  • 2015年 idea dental clinic を開院。国際予防医學推進協会設立。
  • 「心」「身体」「環境」から病気の原因にアプローチする、人と社会と自然に優しい治療を行っている。
IHP3つの活動領域
国際予防医學推進協会

Copyright © 2015 IHP Co.,Ltd. All Rights reserved.